お金の話

総資産と純資産の違い

総資産と純資産の違いを、不動産を事例にして解説します。

「総資産が多い = お金持ち」ではありません。

「純資産が多い = お金持ち」です。

総資産と純資産は、全く別物です。

あわせて読みたい
個人の能力と純資産は比例する~人は年収よりも純資産で判断すべき~純資産を築くためには、相応の人脈と知識(努力)が必要です。 人を判断する時は、年収ではなく、純資産で判断したほうが良いでしょう。 ...

総資産は無意味。純資産こそが本当の意味での資産

総資産とは?

保有している資産全てを指します。

現金、投資信託、株式、不動産、車などが該当します。

これらを足し合わせた資産を総資産と呼びます。

総資産は、重要ではありません。

「総資産が多い = お金持ち」ではないのです。

純資産との違いがわかれば、この意味がわかります。

純資産とは?

「純資産 = 総資産 – 負債」です。

負債を差し引いて考える点で、総資産と意味が全く異なります。

純資産こそ、保有している本当の資産になります。

重要なのは純資産です。

以下は、総資産、負債、純資産に関する表です。

この表を基準にして、純資産から見える”真の姿”をケースごとに見ていきましょう。

総資産と純資産
借方 貸方
資産
(現金・有価証券・固定資産など)
負債
(ローンなど)
純資産
(真の資産)

純資産からわかる真の姿

不動産を例にします。

不動産の世界では、総資産で見ると多くの資産を持っているように見えても、実は超過債務であったり、純資産がほとんどなかったりするケースもあります。

①500万円の現金を持っている人が

②5000万円の物件を頭金500万で購入したと仮定し

③その純資産をチェックします

①現金のみ保有
借方 貸方
現金
500万円
純資産
500万円

現金を500万円持っている状態は、負債がないので現金500万が純資産となります。

②不動産購入
借方 貸方
不動産
5,000万円
ローン
4,500万円
純資産
500万円

5,000万円の不動産を頭金500万円で購入しているので、ローンは4,500万円になります。

総資産は、不動産の5,000万円に対し、負債であるローンが4,500万円であるため、純資産は500万になります(5,000万円 – 4,500万円 = 500万円)。

さて、5,000万円で購入した不動産ですが、5年後に売却したいと考えました。

しかし、その資産価値が3,600万円ほどしかないことが発覚しました。

5年が経過しているので、ローンの残債は500万円減っています。

③真の姿
借方 貸方
不動産
3,600万円
ローン
4,000万円
純資産
▲400万円

ローンの残債が売却可能な物件価格を上回っており、超過債務になります。

超過債務とは、純資産がマイナスになっているという意味です。

5.000万円と思っていたはずの総資産も、実は3,600万円にまで減っています。

不動産を保有している人の総資産があまりあてにならないことは理解いただけたと思います。

メルマガ登録

仮に、このような超過債務に陥っていても、総資産は3,600万円になります。

総資産3,600万円と言われると、なんとなくお金持ちに聞こえますが、実態は超過債務が400万円であり、純粋な借金を背負っていることになります。

この例から分かるように、総資産は無意味なのです。

↓↓不動産投資が気になったら読んでみてください↓↓
あなたの不動産投資を成功に近づける21日間~安定収入確保への道~

資産と負債の両方を見ないと何も分からない

政治家が資産を公開しているニュースを見たことはないでしょうか?

全て総資産の観点で公開しています。

「総資産が多い = お金持ち」ではありません。

そのため、この公表自体は全く無意味なのです。

純資産がわからなければ、本当の意味での資産を把握したことにはなりません。

本当の意味での資産を公開させるのであれば、純資産を公開させる必要があります。

総資産しか見ていないため、負債が分からず、結果として純資産も不明です。

逆に、負債だけでもモノは語れません。

負債ランキングのようなことをしている記事を見たことはないでしょうか?

これも無意味です。

総資産に対する負債の比率がどの程度であり、結果としてどの程度の純資産があるのかは、総資産を見ないとわかりません。

負債が100億円でも、総資産が1,000億円あれば純資産は900億円です。

負債が50億でも、総資産が70億円であれば、純資産は20億円です。

後者のほうが、負債が少ないので健全である、とは言えません。

それでは具体的に見ていきましょう。

借方・貸方片方しか見ない場合の例です。

総資産だけを見る
借方 貸方
現金
200万円
???
不動産
3800万円

総資産は4,000万円です。

なんだかすごそうですが、負債がわかりません。

これでは本当にすごいのか不明です。

実は超過債務
借方 貸方
現金
200万円
ローン
5,000万円
不動産
3,800万円
純資産
▲1000万円

負債は5,000万円もあり、超過債務が1,000万円でした。

これでは4,000万円の総資産があっても、最悪な状態と言えます。

実は資産家
借方 貸方
現金
200万円
ローン
500万円
不動産
3,800万円
純資産
3,500万円

負債はわずかに500万円です。

純資産は3,500万円です。

総資産は同じ4,000万円ですが、負債を見てみるとその差は歴然です。

総資産だけでは何もわかりません。

まとめ

総資産が無意味であることはご理解いただけたと思います。

純資産をどれほど保有しているのか、がその人またはその会社を見る上では重要です。

特に、不動産を保有している人の総資産は大きくなるため、注意が必要です。

新聞やニュースで、総資産や負債など、片側だけでモノが語られているときは、必ず両方(借方・貸方)を確認して”真の姿”を確認してみてください。

物件情報