コラム

不動産業界で始まる不動産業者の連鎖倒産〜全ては仕組まれた計画倒産〜

不動産業者は、これから10年以内に相当数が倒産します。

大半は、計画倒産です。

その悪質極まりないビジネスモデルとは?

家賃保証や一括借り上げで契約しているオーナーは要注意です。

ぼったくり同然の値段で販売している

不動産業者は、1,000万円の物件を、あなたに1,800万円で売りつけています。

なぜそんなことができるのでしょうか。

答えは簡単です。

買う人が無知だからです。

無知というよりは、相場観がないと言った方が適切かもしれません。

あわせて読みたい
【初心者向け】サラリーマンが不動産投資でカモにされないための対策ここ数年、サラリーマン不動産投資家が激増しました。 しかし、99%以上のサラリーマン(会社員)はカモにされています。 不動産...

1,800万円で出された物件の、本当の価値がわからず、不動産業者の言われるがままに購入してしまうのです。

しかし、不動産取引を、人生で何度も経験することはないはずなので、無知はある意味仕方ないと思います。

残念なことに、投資は100%自己責任、になってしまうので、ぼったくり同然の値段でも、署名捺印して自分自身が買う意思を表示した時点で、どうにもならないのです。

【不動産業界の常識】

いかにバレずに

いかに無知な人を探し

いかに高く売りつけるか

買った後の人のことなど、知ったこっちゃない

1,800万円で買った人は、その物件を売ろうとすると、1,000万円でしか売れません。

差額である800万円は、純粋な借金になってしまうのです。

ひどすぎないですか?

しかし、これが不動産業界の「普通」です。

家賃を高値で保証する自転車操業

悪質なのは、高値での販売に留まりません。

最悪なのは、サブリースがセットになっている物件で起こる可能性があります。

あわせて読みたい
サブリース契約はトラブルと問題だらけ!騙されないために知っておくべきこととは?サブリース(家賃保証)は、史上最悪の罠です。 「かぼちゃの馬車」は、このサブリース制度を悪用した典型的な事例です。 http...

不動産の価格は、家賃を逆算して決めることが多くあります。

家賃が10万円取れる部屋だから、2,500万円

家賃が8万円取れる部屋だから、2,000万円

という具合です。

こうなると、売る時も同じ論理で不動産の価格が計算されて売りに出されます。

家賃が10万円取れる部屋だから、2,500万円で売れそうだ

家賃が8万円取れる部屋だから、2,000万円で売れそうだ

という具合です。

もし、不動産業者が悪意を持って、

実際は、8万円の家賃しか取れていない部屋を、家賃10万円で保証していたらどうですか?

先ほどの例でいうと、家賃が8万円しか取れないので、本当は2,000万円の価値しかない物件なのですが、不動産業者が意図的に家賃を高く保証しているため2,500万円の価値があるように見えてしまうのです。

資産価値の偽造です。

【オーナー(買主)の視点】

本当は2,000万円が妥当なのに、家賃を偽装されて、2,500万円で買わされてしまう

それでは、不動産業者はどうでしょうか。

【不動産業者の視点】

メルマガ登録

500万円分の価値を偽装しているため、500万円は丸儲け

本来8万円しか取れない家賃を10万円で保証しているため、毎月2万円の赤字

不動産を売れば売るだけ、毎月の赤字が膨らんでいくのです。

仮に、1,000戸販売したとします。1戸あたりの赤字は2万円であるため、毎月2,000万円を補填していかなくてはいけません。

さて、そのお金はどこから出てくるのでしょうか?

それは、購入者からぼったくった500万円から補填します。

ということは、不動産を売り続ける必要があるのです。売れなくなるまたは売れる数が少なくなれば、赤字を補填できなくなります。

補填できなくなるとどうなるのでしょうか。

倒産しますね。

これが、不動産業者(特に、ワンルーム販売業者)が倒産していくスキームです。

かぼちゃの馬車が思い出されますね。

家賃を意図的に高く保証し、自転車操業で運営していた会社(スマートデイズ)の話です。

あわせて読みたい
「家賃保証」の嘘で借金1億 年収800万のリーマン大家、破産の危機(Yahooニュース)多くの大家さんは他人ごとではありません。仕掛けられた罠、それは・・・ ・サブリース ・頭金なし です。 ...

そして、不動産が今まで通り売れなくなる時代は、必ずやってきます。

そこには、確かで確実な理由があります。

不動産を買える人が減る

本来、2,000万円の価値しかない物件を、2,500万円で買ってしまった人は、500万円の純粋な借金を背負っていることになります。

2戸買えば、1000万円の借金です。

このような人が、その後3戸、4戸、5戸

と買い増しできると思いますか?

このような状態に陥っている人は、年収からの逆算で、必ず買える戸数に限界がきます。

限界がくれば、買えなくなります。

今までは、1,000人をターゲットに売れていた不動産のターゲットが、200人になり、50人になり・・・と減っていくのです。

950人は、すでに高値で不動産を購入しているため、買い増しができません。

買える人が物理的に減ってきてしまう、ということです。

すると、どうなるのでしょうか。

自転車操業の会社は、倒産しますね。

これがストーリーです。

そして、悪質なことに、全ての不動産業者は、最初から倒産を前提にしています。計画倒産です。

できるだけ1回の取引で無知なサラリーマンを相手に、沢山のお金を騙し取れるのか、が勝負になっています。

騙し取って騙し取って、最後は逃げます。

これが、今の不動産投資の世界です。

損をするのは、当然不動産を買ってしまったあなただけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2020年を超えると、不動産業者は「オリンピックが終わったので価格は下がり始めています」などと適当なことを言うでしょう。

本来、2,000万円の価値しかない物件を、あなたに2,500万で売っていますが、それを市場で売ろうとすると、当然相場である2,000万円前後でしか売れません。

500万円の値下がりを、東京オリンピックのせいにするのではないでしょうか。別の要因でもいいのです。不動産業者は適当なことしか言いません。

株式会社◯◯不動産倒産!

負債総額◯◯億円!

倒産!倒産!

という言葉を、沢山耳にする日も遠くないのではないでしょうか。

物件情報