購入編

【不動産投資】区分マンションから1棟物件へシフトする流れ

不動産投資で成功していきたければ、やはり1棟物件を所有する必要があります。

不動産投資の成功者を見るとわかります。

彼らは1棟物件を所有しており、区分マンション50戸持ってます!というような人はいません。

勿論、1棟を所有しているから成功しているわけではありません。

あわせて読みたい
メガ大家にド素人が多い理由~メガ大家は破綻寸前の状況にいる~メガ大家と聞いて、どんなイメージを持っていますか? メガ大家とは、総資産10億円以上の不動産を所有している大家さんを指しています。...

1棟を所有している多くの人が失敗している事実もありますが、成功者を見ると、みな1棟を上手く保有しています。

不動産投資から得られるキャッシュフローだけで20万、30万を獲得することは、区分マンションでは極めて難しいと言えます。

不動産で安定収入を確保するために目指すべきは、1棟物件です。

しかし、1棟物件は、区分マンションとは違い、多くの自己資金が求められます。

頭金なしで買える、は幻想であり、資金力の乏しい人は1棟物件に向いていません。

自己資金の乏しい人は、区分マンションの購入から始め、コツコツと資産を増やしたのち、1棟を目指すほうが良いでしょう。

あわせて読みたい
不動産投資で東京23区の1棟物件が最強である理由不動産投資には、色々な形がありますが、やはり最後は東京23区の1棟物件でしょう。 東京23区で1棟物件は、ハードルが高く、購入に至...

1棟と区分を比較し、属性や資産背景によってどちらも提案できる人または業者が良いでしょう。

ワンルーム業者は、ワンルームの一点張りですが、それは、ワンルームしか扱えないまたはそのノウハウしかないからです。

最初から1棟の購入ができる人が、ワンルームを買うのは実に勿体ないことです。

区分マンションの購入で手元資金を増やす

古めで安い1棟物件でも、自己資金は最低500万ほど用意できないといけない、と考えておいてください。

購入する物件の金額が大きくなると、それに比例して必要になる自己資金も増えます。

売買価格の10%~30%ほどは現金を用意しておかないといけない、ということです。

逆に、始めから使っても良いとされる資金が500万円以上ある人は、1棟物件を検討することができます。

不動産投資を経験として始めたいということであれば、区分マンションで実績を積むという選択肢もありますが、500万は1棟の最低基準となる目安です。

500万円は厳しい!ということであれば、まずは区分マンションの運用から始め、コツコツと1棟に向けて資金を作っていく必要があります。

区分マンションで資金が増えるタイミングはいつでしょうか。

それは、売るときです。

区分マンションに限りませんが、不動産は売るときに一番現金が回収できないといけません。

逆に言うと、売ったときに現金回収できないような物件であれば危険ということです。

具体的には以下の流れです。

1.区分マンションを2,200万円で購入

2.毎月のキャッシュフローは1万円の黒字

3.10年間保有すると、キャッシュフローの黒字が120万円になる

4.10年後に1,980万円で売る

さて、2,200万円で買った物件を10年後に1,980万円で売るとどうなるでしょうか。

損していると思いますか?

ここで重要なのは、ローンの残債です。

仮に残債を1,780万円とします。

1,980万円で売った物件から、1,780万円を銀行に返済した残りが、手元に現金として返ってきます。

売却時も手数料など費用がかかるので、1,910万円が売却後に残ったと仮定しても、1,910万円 – 1,780万円 = 130万円 が回収できるのです。

10年間での黒字が120万円

売ったときに回収できた現金が130万円

両方合わせて250万円資産が増えた

と言えるのです。

※細かい税金などは簡素化のため考慮していません。

今回の例は、10年間で250万円の資産が増えたことになります。

年間平均は25万円です。

区分マンションは、時間はかかりますが、資産を増やすツールとしては有効です。

1戸ではなく、2戸、3戸と数が増えれば、その分利益も大きくなります。

当然ですが、高く買い過ぎてしまうと、売るときにマイナスになってしまうため、買値には十分に注意してください。

1棟まで目指したいけど自己資金が足りない!

という人は、まず区分マンションから始めると良いでしょう。

メルマガ登録
あわせて読みたい
【初心者向け】不動産投資とは?をわかりやすく解説!5分で理解できるお金が増える流れ不動産投資とは、売るときに初めて利益が確定する投資です。 最後に売らないと、勝ったのか、負けたのか、効率の良い投資だったのか、そう...

本業からの貯蓄をする

さて、区分マンションで増える年間資産は、25万円でした。

500万円に届くためには、20年もかかってしまいます。

これでは寂しいです。

区分マンションは、銀行評価の観点から、買える戸数に限界があります。

あわせて読みたい
不動産投資のゴールは1棟物件の購入~その流れと理由とは?~不動産投資は、大きく区分と1棟があります。 結論からですが、最後は、需要の見込める1棟物件を狙いに行くべきなのです。 理由は...

1棟物件は自己資金次第ではいくらでも買い増せるので、このあたりは区分マンションとは考え方が全然違います。

1棟に届くと、毎月のプラスキャッシュフローが大きくなり、それだけでも随分貯金できるようになります。

買い増しを行うことでキャッシュフローは増え、貯金はさらに増えていきます。

区分マンションでは、キャッシュフローがそこまで見込めないため、本業からの貯金も重要になってきます。

毎年25万円資産が増える区分マンションを2戸買います。

年間50万円資産が増えます。

本業からも頑張って100万円貯金できれば、年間150万円増やすことができます。

3年あれば450万になり、1棟が見えてきます。

このように、区分マンションだけに頼って500万を作ろうとすると時間はかかりますが、本業から貯金をすることで、ペースを早めることができます。

私は、靴が古くなって剥げてきたら、黒いペンで塗ってごまかしたりしていました。

無駄な飲み会で浪費することもなく、堅実に貯金もしてきました。

その結果、20代半ばで1棟に到達し、順調に資産を増やすことに成功しています。

1棟を買うために貯金する!

という確固たる目標があれば、頑張れるのではないでしょうか。

今少し我慢すれば、将来お金から解放される未来が待っている!

なんて思って貯金に励んでいました。

自己資金があれば、不動産はいくらでも買えます。

あわせて読みたい
【不動産投資】現金が命!~物件総額10%の現金でリスクに備えよ~不動産投資で一番重要なのは、現金です。 現金があれば不動産が買えます。 現金があれば、万が一の際、耐えられます。 どの...

区分マンションを売却する

区分マンションは、銀行の評価が出ない資産です。

1棟物件とは違い、土地が自分のものではないため、銀行の評価軸で見ると、評価が出ないということになります。

適正価格で購入しているとしても、売買価格の半値近くが銀行の評価になるでしょう。

2,000万円で区分マンションを購入したとします。

周辺相場を見ても、2,000万円は適正価格とします。

しかし、銀行の評価は1,200万円です。

すると、800万円の超過債務者、としてみられるのです。

こうなると、1棟物件を購入する上で有利になることはなく、不利になります。

勿論、銀行の評価額より物件の残債が低い場合は別です。

1棟物件を購入する前は、多くの自己資金を用意しておくだけでなく、不要な区分マンションも売却しておく方が良いでしょう。

「売値 – 残債」で現金を回収できる区分であれば、なおさら区分を売却して現金にしておき、万全の態勢で1棟に臨むと良いでしょう。

自分が買える1棟物件の把握をする

1棟物件は、1にも2にも3にも自己資金勝負です。

自分が使える自己資金を逆算して買える物件の金額を決めるのです。

年収に応じて使える銀行は変わります。

年収と自己資金から、自分にはどんな物件が買えるのか?を正確に知っておく必要があります。

少し極端ですが、自己資金が100万円しかない人が、3億円の物件を求めても買えるはずがありません。

これは時間の無駄です。

何が欲しい、ではなく、何が買えるのか?を把握しましょう。

あわせて読みたい
【保存版】自己資金・属性から買える物件価格の目安と種類を把握する《不動産投資》買える物件の価格と種類を把握していますか? 「何が買えるのか」 を把握できていないと、買えもしない物件を求めてしまうことがあ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不動産は、自己資金があれば、なんとかなるのです。

自己資金に乏しい人は、区分マンションからコツコツと資産を作り、最終的に1棟に向けて準備していくと良いでしょう。

時間はかかります。

3年後に1棟で悠々自適!にはなりません。

不動産は、あくまでキャッシュポイントの一つであり、不動産だけで悠々自適になることは極めて難しいと言えます。

スタート時点の自己資金に左右されますが、区分マンションからコツコツと始める人が1棟に到達するためには、最低5年、長ければ10年ほどかかるでしょう。

夢が無くて申し訳ありませんが、そのくらい、じっくりとやっていくものなのです。

物件情報