賃貸編

家を借りるときの注意点~賃貸借契約で確認すべき4つのポイント~

家を借りるときには、必ず賃貸借契約を締結します。

締結時に注意すべきポイントは、4つあります。

よくわからないまま契約してしまうと、後で思わぬ痛手を被ることになるかもしれません。

確認ポイント1:敷金の扱い

敷金には大きく分けて2つのタイプが存在します。

敷金(通常)

多くの方が認識している敷金であり、退去時に必要なクリーニング代などを差し引き、余った資金は手元に戻ります。

敷金(償却)

償却敷金は、退去時に戻りません。

2つの差を理解せず、敷金が戻るものと理解している場合は、退去時に管理会社とトラブルになる場合もあります。

敷金がどちらのタイプの敷金であるかは、契約時に必ず確認してください。

物件を選ぶ時の概要書または重要事項説明書に記載があります。

不明であれば仲介業者に確認しましょう。

また、償却敷金ではなく、普通の敷金にしてほしい、という交渉も可能です。

確認ポイント2:解除予告

退去が決まると、その通知をすることになります。

これが、1か月前予告になっているのか、2か月前になっているのかは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

2か月前予告になっていると、退去通知をしてから2か月は、居住の有無に関わらず賃料を支払う義務が生じます。

一般的には1か月前予告ですが、2か月前予告の契約もあります。

2か月前予告の場合は、1か月前に変更できるか交渉してみてください。

実際に住み始めて引っ越しを検討する場合、2か月前予告は長すぎる場合がほとんどです。

転勤など突発的な事情がある場合は、なお不利になります。

家賃の2重払いを避けるためにも、解約予告は1か月前にしておくべきです。

確認ポイント3:更新料

一般的に、賃貸借契約は2年で更新を迎えます。

そのとき、更新料がかかるのか、かかるのであれば新賃料の1ヵ月分であるのか、それ以上であるのか、は確認してください。

また、更新料以外に、更新事務手数料という名目で費用を請求されることもあります。

更新料ならびに更新事務手数料は交渉可能です。以下のように交渉してみてはいかがでしょうか。

・更新料を新賃料の0.5か月にしてください

・更新料または更新事務手数料は無しでお願いします

確認ポイント4:契約体系

家を借りるときの契約は、一般的に以下いずれかの契約になります。

・定期借家契約

・普通賃貸借契約

これらには大きな違いがあります。

メルマガ登録

大手中堅法人などが1棟で所有しているマンションなどは、定期借家契約になっていることが多くあります(家賃が比較的高いマンションに多い)。

入居者に万が一問題がある場合、契約を更新したくないという意図があるためです。

オーナーが大手中堅法人の場合、定期借家契約を飲まないといけない場合が多くあります。

定期借家契約

簡単に書くと、

定められた契約期間が満了すると、家を追い出されるかもしれない

というものです。

勿論、期間満了時に契約更新の申し出をすることはできます。

しかし、貸主がこれを拒否すれば、契約は終了となり、家を出る必要があるのです。

仮に、

更新することもできます

と言われて契約していたとしても、更新のタイミングで更新を拒否されたらそれで終了です。

貸主が有利な契約になるので、できるだけ以下で説明する普通賃貸借契約で契約を締結するようにしてください。

普通賃貸借契約

一般的には、こちらの普通賃貸借契約が多くなります。

普通賃貸借契約は、定期借家契約とは異なり、借主が有利な契約です。

契約期間満了時に更新を申し出れば、基本的には更新が可能です。

貸主がこれを拒否することもできますが、「正当事由」が必要になります。

家を借りるときは、できるだけ普通賃貸借契約で契約を結ぶべきでしょう。

まとめ

家を借りるときの契約書をよく見ていますか?

なんとなく適当にサインしていませんか?

最低今回挙げた4点の確認はするようにしてください。

また、不利な条件になっていると感じるところがあれば、それは事前に交渉してみてください。

現在賃貸市場は、特定の人気エリアを除き、借主が有利になっています。

貸主は、入居の申し込みが入ると嬉しいものです。

多少の条件緩和であれば十分に飲むことが予想されます。

仮に拒否されても、状況が悪くなるわけではありません。

失うものは何もないので、積極的に交渉してみてください。

家をお得に借りる方法も記事にしているので参考にしてみてください。

諸費用を下げることができますよ!

あわせて読みたい
賃貸で家を借りるときに初期費用を安くする簡単な方法~お得に借りよう~家を借りるときの初期費用は、誰でも簡単に安くできます。 ポイントは、「家賃」と「管理費 or 共益費」です。 この項目の比率...
物件情報