コラム

新型コロナウイルスが不動産に与える影響とは?~価格が暴落しないシンプルな理由~

コロナウイルス問題で株価が大暴落しています!

不動産は大丈夫か?

投げ売りが始まるんじゃないか?

こんな話を少し耳にすることがあるのですが、結論から書きます。

不動産には影響がありません。

現在オーナーをしている人であればわかると思います。

この2か月間、何かありましたか?

急激に金利を上げられて返済に苦しくなりましたか?

銀行がいきなり全額返せ!なんて言ってきたりしていますか?

入居者が、コロナウイルスが怖いから、という理由で退去しまくっていますか?

どれもNOだと思います。

驚くほど、何の影響もありません。

価格にも変動はありません。

不動産賃貸業に影響が出ていないのに、なんで急いで売る必要があるのでしょうか。

このような情報に惑わされず、ロジカルに考える力を身に着けてください。

不動産の価格は、東京オリンピックや、今回のようなウイルスなど、外的要因に影響されません。

不動産の価格が変わるときは、銀行の姿勢に変化があるときだけです。

このことは念頭に置いてください。

外的要因に何の変化が無くても、融資姿勢に変化があれば、不動産の価格は動き始めます。

あわせて読みたい
東京オリンピックは不動産の価格に影響しない~不動産の価格を支配するのは金融庁~東京オリンピックという、一つのイベントは、不動産価格に影響を与えません。 「東京オリンピック」までは不動産価格が上がっていくの...

このようなタイミングで思うことは、やっぱり不動産は堅実だな、というものです。

あまりに影響がなさすぎて、コロナ騒動を忘れてしまいそうなほどです。

不動産を売る必要がある人とは?

なぜ不動産を売る必要があるのか考えてみてください。

今現在の運用が上手くいっていて、特に支払いに困っていないのであれば、売る必要などありません。

今回のコロナウイルス騒動で、不動産を売らないといけない可能性のある人たちは、別の事業で何らかの影響が出ている人たちです。

会社員をしながら不動産投資をしている人たちには、無関係と言えるでしょう。

例えば、会社Aが事業Bを行うために借入をしたとします。

メルマガ登録

しかし、事業Bがコロナウイルスの問題で上手くいかず、現金が必要になったとします。

そこで会社Aは、所有中の不動産を売却し、現金の回収を試みたいと考えました。

というようなケースです。

不動産投資だけで見れば、何の影響もありませんが、別の事業で現金が必要になるようなパターンでは、物件を売りたい!と思う人が出てくる可能性はあるのです。

不動産を売って現金化したいという思惑があるからです。

そのような人が多少存在していたとしても、不動産の価格自体は変わりません。

安く手に入る可能性のある物件は業者が先行して購入し、相場で再販します。

結果、相場は変わらないのです。

不動産の相場全体にインパクトを与えることができるのは、金融政策であり、融資姿勢です。

そこが変わらない限り、インパクトはないのです。

コロナウイルス騒動でインパクトのある不動産事業

区分マンションであったり、1棟収益物件に大きな変化はありませんが、インパクトの出る事業があります。

それは、民泊とホテルです。

不動産投資とは少し角度が違うと個人的には思いますが、ホテルであれば、予約が入らなくなります。

稼働率が明らかに下がるので、収支は悪くなります。

民泊も同じです。

観光客が減れば、必然的に需要が減るので、稼働率が悪くなります。

部屋辺りの料金も下げる必要があるので、ダブルパンチです。

ホテルと民泊は、大変な時期だと思います。

これらの事業をローンで行っている人または会社があるとすれば、支払いに苦しくなり、売らないといけないタイミング、というのは、今後の展開次第ではあると思われます。

まとめ

色々な情報が流れる中、自分なりに考えられる力は身に着けておくべきです。

書いてあることを全て信じているようでは危険です。

不動産に限らず、価格の変動は、論理的に起きます。

値段には、必ずロジックが存在するのです。

今回のコロナ騒動で、不動産の投げ売りなど起きません。

私個人で考えても、不動産賃貸業には何の影響もありません。

売買に関しても、何の影響も出ていません。

不動産の価格は、金融情勢に左右されるので、金融政策が変わるようなタイミングで、価格の変化は起きるのです。

物件情報