初心者編

不動産投資の被害を拡大させる紹介料~FPとブローカーに要注意~

不動産投資を、たいして不動産投資を経験もしていない人に、勧められたことはないですか?

この人たちは、なぜあたなに不動産投資を勧めるのか、考えたことはありますか?

理由はとても単純なものです。

どんなに信頼できる間柄であっても、強い警戒心を持って接するようにしてください。

勧めてくる人の、不動産投資における実績は、必ず確認してください。

不動産投資は、非常に奥が深い投資です。

やってもない人にわかることなど、何一つありません。

あわせて読みたい
不動産投資で信用・信頼できる人を見極める方法~不動産業者とFPは基本疑え!~ウソとデタラメばかりの不動産投資において、信頼できる人をどのように見分けたら良いのでしょうか。 まず、絶対的な条件は、 ...

FP(ファイナンシャル・プランナー)、資産形成に関するコンサルタントなど、特定の職業に就いておらず、紹介業のようなことで生計を立てている人は、特に疑ってかかってください。

あなたの決断は、家庭崩壊や自己破産を招くかしれません。

不動産投資は、あなたが思っているほど、簡単なものではありません。

悪質な多額の紹介料

不動産投資に興味のある人はいませんか?

ご紹介していただき、その方が成約したら、紹介料50万円をお支払います。

このようなことを言われたことはありますか?

昨今、不動産投資で騙される人が後を絶ちません。

多額の紹介料を目当てに、自分自身が今まで大切にしてきたはずのお客さんであったり、知人や友人を不動産業者に紹介してしまう人がいます。

不動産投資の被害は、これによって拡大します。

不動産業者が多額の紹介料を支払うので、不動産投資をよく理解していない人も、「話だけ聞いてみる?」と言って、不動産業者に会わせようと必死になるのです。

不動産業者は、紹介者に紹介料を支払うことで、その人に営業をさせます。

紹介料の支払いが拡大しているので、それに伴い被害も拡大しています。

なぜ不動産業者は多額の紹介料を出せるのか

なぜ不動産業者は、多額の紹介料を、紹介者に支払えるのでしょうか。

理由は簡単です。

不動産業者は、不動産を販売すると、多額の利益(多くの場合は転売益)を手にすることができるからです。

まず、物件を1,000万円で仕入れます。

これを、買主に、1,500万円で転売します。

すると、500万円の利益です。

500万円の利益のうち、紹介者に50万を紹介料として支払い、残りの450万円が、不動産業者の利益です。

利益500万円のうち、紹介料として50万円支払うのは簡単です。

実際、不動産業者はどの程度利益を上乗せして販売しているのか、ご存知でしょうか。

実例を載せているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【実例】ワンルーム不動産業者のぼったくり販売事例不動産業者は買主の無知に付け込み、とんでもない高値で不動産を販売してきます。 収益物件だけではありません。 マイホームも同様...

不動産を勧めてくる人の特徴

FP(ファイナンシャル・プランナー)

資産形成コンサルタント

・お金に関連する講義をしている人

・紹介業で生計を立てている人

・職業不詳(コアな仕事が見えない人

・不動産投資を始めて年数が浅い人

・区分しか持っていない人

・1棟を持っていても、田舎、築古、高金利の最低な3点セットである人

不動産を持っている人で、他の人に不動産を勧める人の特徴は、その人の不動産収支が十分ではなく、お金に困っている状態であると考えられます。

厳しい言い方をしますが、この程度の人に、不動産投資の魅力などわかりません。

1戸持っているだけも、1棟を持っているだけでも、正しい買い方をしているのかわかりません。

不動産業者に騙されているだけかもしれません。

不動産は出口を経験しないと、本当の利益がわかりません。

「不動産投資っていいですよね!」

ということを言ってくる人がいますが、私から見ると、明らかに失敗した買い方をしています。

購入から売却までは、最低経験していないと、不動産投資の本質を理解することはできません。

そして、非常に残念なことに、FP(ファイナンシャル・プランナー)として活動している人の多くも、紹介料目当てで自分のお客さんに不動産を斡旋したりしています。

こう考えると、FP(ファイナンシャル・プランナー)という曖昧な職業で食べていくのが、いかに難しいことなんだろうな、と思ってしまいます。

稼げてないから不動産を勧めて生計を立てるしかない

といったところでしょうか。

あわせて読みたい
【初心者向け】サラリーマンが不動産投資でカモにされないための対策ここ数年、サラリーマン不動産投資家が激増しました。 しかし、99%以上のサラリーマン(会社員)はカモにされています。 なぜサ...

本人は、非常に良い物件を自分が売っている、と勘違いしているケースが大半でしょう。

メルマガ登録

なぜなら、自分自身に十分な不動産投資の経験がないので、不動産業者の発言を鵜呑みにするのです。

いい加減な紹介が、のちに人間関係を壊すでしょう。


不動産を勧めてくる人がいれば、その人の実績を確認するようにしてください。

不動産投資は、実績が重要です。

一つの目安は、不動産だけで本業を辞めても十分食べていけるレベルなのか?

ということです。

ここまで届かない場合は、次の項目をチェックポイントにしてみてください。

・総資産はいくらなのか

⇒2億以上が望ましい

・そのうち純資産はどれほどか

フルローンの連発系はダメです

・キャッシュフローは、年間どの程度黒字なのか

物件販売価格に対して3%以上は欲しいところです

保有しているエリアは都心(東京23区)なのか、そうでないのか

⇒成功している人の多くは、都心で持っています

・不動産投資歴は長いのか

⇒出口まで経験して、5年以上

個人的な感想にはなりますが、不動産投資歴は重要だと思います。

やはり、その道のベテランは良く知っています。

時代の流れや移り変わりも経験してきています。

私が参考にする人がいるとすれば、長い間、不動産投資を実践してきている人です。

私自身、2018年現在で11年の不動産投資歴があるので、15年以上不動産投資をしている人の話は聞いてみたいです。

当たり前ですが、自分自身で本格的に不動産投資に取り組んでいる事が大事です。

業者歴が長い、というのは関係ありません。

紹介料目当てで不動産を勧めてくる人は、

出口まで経験していないので、自分は上手くやっていると勘違いしている人

・そもそも不動産を自分で買ったことが無い人

が多いです。

いずれの場合も、自己資金に乏しく、なんとかしてお金を作りたいと考えている人ではないでしょうか。

そもそも買ったことが無いのに人に勧めるってすごいですよね。

野球経験がゼロにも関わらず、「絶対に野球部に入った方が人生これから先得だよ!」と入部を勧めるようなものです。

非常に信じがたいですが、不動産投資はこのようなことだらけです。

結局買主は、かわいそうなことに、高値で物件を買ってしまうため、損しかしません(不動産を持つ意味が全くない)。

不動産投資歴の浅い人は、要注意

まとめ

不動産投資を勧めてくる人がいたら、その人は紹介料目当てです。

紹介料がなければ、わざわざ不動産投資などあなたに勧めてこないでしょう。

不動産投資を勧めてくる人が紹介する不動産業者は、あなたから多額の転売益を得ようとししています。

しっかりと疑ってかかってください。

紹介をする側の人は、本当に紹介する人のためになることを自分がしているのか?を自問自答してください。

あなたのいい加減な紹介が、紹介を受ける人の人生をつぶすかもしれません。

適当に紹介して多額の紹介料を受け取るような行為は、のちに訴えられてもおかしくないでしょう。

自分がやろうとしている紹介は本当に正しいことですか?よく理解した上で人を紹介していますか?

不動産業界は、近いうちに必ずトラブルになります。

そもそも、人を紹介するだけで、50万、100万などという多額のお金が手に入ることについて、おかしいと思わないといけません。

会社員が50万円稼ぐのにどれだけの時間を費やすかわかりますか?

2か月フルで働いて、稼げるような金額です。

人を右から左に流して、その大金を手にできる時点で、おかしいことに気が付かないといけません。

トラブルになった時、トラブルの元になるような不動産業者に人を紹介し、多額の紹介料を受け取っていた場合は、あなた自身もトラブルに巻き込まれるでしょう。

今一度自問自答してみてください。

あわせて読みたい
不動産投資詐欺で騙された!~民法はあなたを助けてくれるのか?~ 管理会社から家賃が振り込まれなくなった! 高く買わされてしまった! 物件を販売した不動産業者が倒産した! ...
物件情報