保有編

【不動産投資】購入時に入居者募集を最短で開始する方法~所有権移転前の募集開始~

買付を入れてから売買契約を経て決済日を迎えるまでは、それなりに時間がかかります。

融資の承認が出ると、ほぼ間違いなく決済日を迎えて所有権は移転します。

賃貸管理会社にこだわりがなく、前所有者の賃貸管理会社を引き継ぐ場合は別ですが、これを変更するかつ購入物件に空室がある場合は、所有権移転前に自分で契約予定の新しい賃貸管理会社で募集だけ開始出来る事があります。

私は、客付けに非常に強い密に付き合っている賃貸管理会社があるので、必ずそこに変更しています。

空室があれば、所有権移転前に私の賃貸管理会社で募集できるようにお願いしています。

なぜ所有権移転前に新しい賃貸管理会社で募集させるのか?

賃貸管理会社は管理が自分の手から離れることを知ると、優先して顧客付けしようとしなくなります。

この事に尽きます。

どうせ契約解除されるのだから、他の顧客の物件を優先して客付けしよう、という部分は理解できます。

募集行為に対して手抜きをするのです。

しかし、空室はできるだけ決済前に埋めてしまいたいものです。

モチベーションの低い会社に募集させるのではなく、新しい会社に募集させる方が入居率は上がります。

募集開始には何が必要?

まずは当たり前ですが、売主仲介業者と売主に確認して下さい。

売主が業者である場合などは断られたりします。

私自身も断られた経験があります。

法律上所有権が移転するまでは前所有者のものです。断られたら諦めて下さい。

OKをもらったら募集開始の調整を変更する予定の賃貸管理会社(以下、「変更後の賃貸管理会社」)と行います。

メルマガ登録

所有権移転前の募集になるので、形式上変更後の賃貸管理会社と前所有者の間で契約が必要になります。

募集は前所有者から依頼を受けて行った、という形にするのです。

この契約の取り交わしは決済時に事後的に対応する形でも問題ないはずです。

ここは変更後の賃貸管理会社に確認して下さい。

次に、変更後の賃貸管理会社が所有権移転前に入居を決めた場合です。

入居日が所有権移転前でも、賃料の発生は決済日にすることをお勧めします。

それまでの期間は、フリーレントとします。

いずれにせよ数日から数週間の差になるので、煩雑にしないためにもこの形が理想です。

賃料を決済前に発生させると、実質これを受け取るのが前所有者になります。

決済での精算や、変更後の賃貸管理会社から前所有者への振り込み手続きなどは面倒です。

面倒な流れだと思われると、売主サイドに拒否されることもあるので、可能な限りシンプルに進めます。

まとめ

自分自身で付き合っている賃貸管理会社があれば、是非所有権移転前に募集ができないものか売主側に確認してみて下さい。

私は入退去が多い時期に、買付を入れてから決済までに3部屋が空室になった経験があります。

この時は、決済前に私の管理会社で募集させてもらい、決済時には空いた3部屋全てに申し込みが入っている状態になりました。

所有権が移転する前に買主側の賃貸管理会社で募集をかけさせてもらうことは可能です。

是非売主と売主業者に交渉してみてください。

但し、こちらは完全にお願いする側の立場であることを忘れないでください。

物件情報