コラム

フラット35を悪用し不動産投資 「住む」偽り賃貸用に(Yahooニュース)

住宅ローンを使った不動産投資を勧められたことはないですか?

融資が通りやすく、次のような人がターゲットにされます。

・年収が低い(500万円以下)

・自己資金が乏しい(数十万程度などで最悪は借金あり)

フラット35は、自分が住む物件を購入する時にしか使えません。

住宅ローンを使った不動産投資では、一時的に住民票だけを移して住んだように装い、最終的には貸し出すのです。

最初から、貸し出す投資目的でフラット35を使っていることになります。

銀行にこの事実がバレると、最悪は、一括返済だそうです。

不動産業者は、「なんやかんや一括返済ということはないですよ」と説明しているようです。

しかし、某新聞社記者によると、実際に一括返済になっているケースはある、ということでした。

住宅ローンを使って不動産を買わされているような場合は、相場より高値で売りつけられています。

不動産業者にぼったくられています。

あわせて読みたい
【実例】ワンルーム不動産業者のぼったくり販売事例不動産業者は買主の無知に付け込み、とんでもない高値で不動産を販売してきます。 収益物件だけではありません。 マイホームも同様...

ぼったくられた上に一括返済です・・・

不動産は相場でしか売れないため、

残債>売値

という状態でしか売れないでしょう。

すると、売っても純粋な借金だけが残ります。

それでも一括返済を迫ると聞いているので、このような買い方をしている人は、一刻も早く売却する必要があるでしょう。

売値の査定をした時、初めてぼったくりの事実に気が付くのではないでしょうか。

メルマガ登録

簡単60秒入力で一括査定依頼はこちら

あわせて読みたい
住宅ローン(フラット35)を使う不正な「なんちゃって」不動産投資にメス住宅ローン(フラット35)を使った不動産投資を提案されたことはありませんか? フラット35は、自分が住む時に使えるローンであり、投...

販売業者が売値で買取を開始

住宅ローン不正が横行している中、販売した不動産業者が、買主から売値で物件を買い取る、という話が浮上してきています(2019年5月現在)。

住宅ローンを使って不動産投資をした買主は、ほぼ100%、かなり高い値段で不動産を買わされています。

私の知っている事例だと、約1,000万前後の価値しかない物件を、1,980万円で買わされています。

売るにも売れません。

20年は売れないでしょう。

このような状況の中、売値で不動産を買い取る、という話は、買主にとっては大変ありがたいものです。

高値で販売して暴利を得ている不動産業者からすると、買い戻しは体力(資金)が必要になります。

不動産業者による不正の火消しなのであれば、早い段階で買い取りの話は聞きに行ったほうが良いでしょう。

そして、本当に買い取るのであれば、即売ってください。

Yahooニュース

2019年5月4日(土)掲載。

1%程度の固定低金利で長年借りられる住宅ローン「フラット35」を、不動産投資に使う不正が起きていることがわかった。ローンを提供する住宅金融支援機構も「契約違反の可能性がある」とみて調査を始め、不正を確認すれば全額返済を求める方針だ。

【写真】フラット35のホームページでは注意をよびかけている

不正が見つかったのは、東京都内の中古マンション販売会社が売った物件向けのローン。元男性社員(50)が朝日新聞の取材に応じ、「フラット35を投資目的で使ったのは、昨年6月までの約2年間に売った150戸前後。仲間の仲介業者らと一緒にやった。このしくみでトップセールスマンになれた」と証言した。販売会社は昨夏にこの社員を懲戒解雇し、昨秋までに機構へ届け出た。利用客の一部も機構から事情を聴かれている。

元社員が関与した不正な融資の顧客は20代~30代前半の若者を中心に100人超。融資額は1人2千万~3千万円ほどで、計数十億円規模になる。不動産業者らがお金に困った若者らを、投資セミナーやネット上で勧誘したとみられる。機構によると、こうした不正が大規模に発覚した例はないという。同様な手口がほかの業者でもあれば、不正はさらに広がる。

元社員によると、利用客は年収300万円台以下の所得層が大半で、200万円前後の借金を抱える人も多かった。「借金を帳消しにして不動産も持てる」などと勧誘していた。利用客はマンションの賃貸収入でローンを返す。本来は投資用なのに「住む」と偽って融資を引き出す手口で、不動産業界では「なんちゃって」と呼ばれる。

朝日新聞社

物件情報