初心者編

頭金なし(ゼロ)の不動産投資は危ない~サラリーマンは騙されている~

頭金なし(ゼロ)で始める不動産投資!

頭金がなくても不動産投資ができます!

というようなキャッチフレーズを見た事はありませんか?

頭金なし(ゼロ)であれば、自分にもできそうだな!

と思いますよね。

魅力的ですよね。

しかし、頭金なし(ゼロ)の物件には、罠が潜んでいます。

不動産投資は本来お金持ちがするもの

少し前までは、不動産投資といえば、地主だったり、自己資金が豊富だったりと、富裕層のお客さんが多かったのに、最近はろくに自己資金もないお客さんが増えてるんですよね~

なんて話を不動産業者から聞きます。

区分マンションであれば、自己資金は200万以上、1棟であれば、自己資金は1,000万円以上、というのが、私が不動産投資を開始してきた中で念頭に置いていたものです(東京23区物件の話)。

ところが、ここ数年、自己資金がないような人でも不動産が買えるような融資アレンジができるようになってしまいました。

これにより、購入できる人の対象範囲が格段に広くなり、不動産業者が暴利を得られる時代へと突入しています。

厳しいことを書きますが、そもそも多少の頭金も用意できない次元の人が不動産投資を開始するなど甘すぎます。

身の丈に合っていません。

頭金なし(ゼロ)で、誰でもできて不労所得を確保できる、そんな夢のような話があると思いますか?

残念ながらありません。

頭金なし(ゼロ)に魅力を感じる人は、経済的弱者に分類されます。

不動産投資に限った話ではありませんが、弱者はカモにされます。

頭金なし(ゼロ)物件の特徴

節税対策

・老後の年金対策

生命保険の代わり

というような、ウソとデタラメな営業トークで迫ってくる不動産業者が販売する物件に、頭金なし(ゼロ)物件が多く潜みます。

このような物件は、総じて相場よりも高く売られており、買い手にメリットは何もありません。

リスクだけ背負い、リターンがないという悲惨な状況に陥ります。

頭金なし(ゼロ)物件には以下の記事にあるような物件が多く潜みます。

あわせて読みたい
【実例】ワンルーム不動産業者のぼったくり販売事例不動産業者は買主の無知に付け込み、とんでもない高値で不動産を販売してきます。 収益物件だけではありません。 マイホームも同様...

物件の価格が相場より高すぎると、毎月のキャッシュフローがトントンまたは最悪の場合、赤字になるようなケースもあります。

赤字の物件は、その名の通り赤信号です。

不動産投資は本来キャッシュフローが潤沢な黒字になるものです。

赤字になっているということは、相場よりも相当な高値で買っているため、売りたくても売れない状態が10年~20年は続くでしょう(残債>売値)。

資金力のない人には、金融リテラシーにかける人が多くいます。

メルマガ登録

そもそも、フルローンが通っても、登記費用を含む諸費用は必要です。

これら費用は、ザックリ物件価格の3%ほどは必要です。

区分であっても、50万~80万ほどは必要になります。

この費用すら物件価格に乗せて販売するため、頭金0円が完成します。

100%悪いわけではないですが、99.9%は危険な物件だと心得てください。

 

純資産は、その人の能力を表すと考えています。

十分な資金がない

十分な金融リテラシーが備わっていない

不動産業者の言うことを鵜呑みにして高額な物件を買ってしまう

です。

あわせて読みたい
【初心者向け】サラリーマンが不動産投資でカモにされないための対策ここ数年、サラリーマン不動産投資家が激増しました。 しかし、99%以上のサラリーマン(会社員)はカモにされています。 なぜサ...

不動産業者は、

・いかに無知な人に

相場よりも高値で

物件を販売するかで勝負しています。

物件を売った営業マンには、数百万円のインセンティブが入ることもあります。

不動産の営業マンは、インセンティブを得ることしか考えていません。

それを獲得するために、あなたを陥れています。

あなたを食い物にしています。

頭金なし(ゼロ)物件の多くは、このようなパターンに陥るものです。

不動産の営業マンは、あなたの人生をどん底に突き落として多額の報酬を得る

まとめ

不動産投資は甘くありません。

ある程度の自己資金が用意できるレベルに達するまでは、買わないと決める事です。

「誰でもできる」

という手の投資商品にまともなものは無いと心得て下さい。

頭金なし(ゼロ)でできますよ!

という営業が来たら、しっかりと疑って身構えてください。

誰でもできる投資にまともなものはない

物件情報