IPO・PO

《PO》日本郵政 (6178)は買い?~事前評価・分析~

日本郵政 (6178)が公募・売出し(PO)を発表しました。

当銘柄は買いでしょうか?

公募・売出し日程など

売出価格等決定日 10月25日(月)~10月27日(水)
受渡日 10月29日(金)~11月2日(火)
貸借/信用 貸借銘柄
権利落ち 3月
希薄化 約27%
主幹事 大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、他外資
引受人 野村證券、SBI証券など

 

調達金額は約9,500億円で超大型のPOとなります。

海外分もあります。

多くの証券会社で取り扱いがあり、お祭りPOです。

ある程度支店取引のある人であれば、一撃7桁の利益も十分狙えると思います。

個別銘柄ですが、ディスカウント率の予想は2%と低めです。

メイン証券各社の割合はザックリ以下の通りです。

・大和証券:約24%

・みずほ証券:約24%

・SMBC日興証券:約19%

・野村證券:約18%

残りの15%を他で分け合うイメージです。

野村証券は引受人ですが、共同主幹事であるSMBC日興証券と同じくらいの割合があります。

株価予想・事前評価・分析

PO発表と同時に、約1,000億円の自社株買いも発表しています。

受渡日の翌営業日から4月28日までの間に、市場で買付をしていきます。

この発表もあってか、PO発表後の株価の下げはイマイチです。

特大の売り出し案件でもあり、株価が低い水準で価格決定日を迎えないことも考えられます。

高値圏で公募価格が決まると、その翌営業日から受渡日までの間でヘッジできる金額が低くなる可能性もあります。

ただし、この規模での公募割れはないと信じています(各証券会社の意地)。

海外募集分があるので、安定操作期間は通常より長い3営業日を予想します。

投資スタンス・参加について

強気→超強気

ポイントは次の通りです。

・貸借銘柄

・多くの配分が見込める特大案件

・安定操作期間が通常より長い可能性が高い

貸借銘柄でかつ売り禁になっていないため、問答無用の参加です。

希薄化が約27%と高い水準です。

自社株買いを発表している部分を考慮しても、高い数値となっています。

貸株注意喚起銘柄に指定される可能性はあります。

 

売り禁にならない限り、今のところ、どの貸借銘柄POとも時期がかぶっていないので、全力の参加ではないでしょうか。

私は、37,000株の申し込みをしました。

 

(10月13日追記)

投資スタンスを強気から超強気に修正しました。

海外売り出しがスタートしましたが、初日で3倍近い募集があったことから、海外人気が非常に高いことがうかがえます。

また、海外投資家の中には、受渡日に売り出すことのない機関投資家も入っているので、受渡日の売り出し株数減少にも貢献するかもしれません。

また、受渡日はインデックス買いの期待があるため、受渡日に株価が上昇する確率が高くなります。

株価に関しては地合いに左右される側面が強いので、下落も考えられますが、上昇の期待値は高いでしょう。

当選・配分株数

配分前

 

■■■■■■■■

POで手堅く利益を出す方法を解説します!

↓ ↓ ↓ ↓

参加すべき銘柄の選別方法と取引の流れとは?

 

IPOで年間20銘柄当選する方法を解説します!

↓ ↓ ↓ ↓

IPO当選に重要な3つのポイントとは?

■■■■■■■■