初心者編

不動産投資の悪質な販売手法!デート商法とコミュニティ化

不動産業界のヤバさは、年々増しています。

無知をターゲットに悪質な手法で高額な不動産を売りつけています。

5年、10年ほどで、支払いが苦しくなり、自己破産する会社員が激増するでしょう。

不動産業者の最終的な目的は、本来1,000万円の価値しかない物件を、無知なサラリーマンの買主に1,800万円で売りつけ、差額800万円の利益を得ることです。

買わせるためであればなんでもします。

最近横行しているデート商法とコミュニティ化について、警告しておきます。

あわせて読みたい
【実例】ワンルーム不動産業者のぼったくり販売事例不動産業者は買主の無知に付け込み、とんでもない高値で不動産を販売してきます。 収益物件だけではありません。 マイホームも同様...

不動産業者の価格上乗せは年々エスカレート

本来1,000万円の物件を1,300万で売ってみたら売れた。

300万円の利益!

それでは、1,500万円で売ってみよう。

あ、売れた!

それでは1,800万で売ってみよう。

あ、売れた。

という具合で、価格の乗せ幅が年々加熱しています。

不動産を買うために必要な自己資金が激減しており、この結果、本来不動産を買ってはいけない属性までもが不動産投資に参入してきました。

最高のカモが集まる舞台を、不動産業者が見逃すはずもありません。

買主の無知につけ込み、本来の価格をはるかに超えた、ありえない値段で不動産を販売しまくっています。

欲しい!

という人に対して、手段を選びません。

低属性に対しては、フラット35を利用して不動産投資の斡旋をするなど、どうしょもありません。

フラット35は、本来住宅を買うために用意されたローンであり、属性が低くても比較的融資は通ります。

そこに目を付け、不動産投資目的でこれらを不正に利用しているのです。

ここ数年、買主だけが大きく損をしているという状況です。

無知な買主だと、当然そのことに気がついていません。

もう数年は、気がつかないかもしれません。

無知をターゲットにした集客も多様化しています。

特に、デート商法とコミュニティー化には注意してください。

デート商法

名前の通りです。

結論から言うと、恋愛感情があるかのごとく異性を惹きつけ、不動産を売ったら、さようなら!です。

男性が女性を騙すこともあれば、女性が男性を騙すこともあります。

人間、気を許すことほど危険なことはありません。

警戒心が解かれ、高額な物件をつかまされて終わります。

不動産の営業マンは、婚活サイトなどに登録をし、そこで出会った人に対して、最終的に不動産を売るなどの行為をしています。

婚活サイトであれば、複数登録したり、不特定多数の異性と会うことも簡単です。

ここでターゲットを探します。

気を惹いて、お金を巻き上げるということです。

婚活パーティーの場合、結婚を目的としている人が多いため、将来二人の資産のため、などといい、不動産を勧めてきます。

不動産の営業マンに好感を持つと危険です。

恋愛とビジネスは分けるべきです。

そもそも、本当に好きな人に、自分が何かやっている投資を勧めたりするでしょうか。

よく考えてみてください。

不動産投資に限らず、不特定多数が関与できるような場で知り合った人が、何らかの投資話を持仕掛けてきたら、まず疑うべきでしょう。

コミュニティー化

コミュニティーを作り、不動産投資に興味のある人を巻き込んで、長い時間をかけて洗脳していく手法です。

不動産投資コミュニティーで、入会金を数十万も取るようなところもあります。

メルマガ登録

また、集客の入り口がユーチューブ(動画サイトなど)などになっていることも多く、大変注意が必要です。

入会金を取れば、こんなに高いお金を払ったのだから、まともに決まっている、と思い込みがちです。

しかし、そのようなコミュニティーで販売している物件は、全部余り物の高額物件です。

不動産業者の利益がたっぷりと乗せられており、買主の一人負けになります。

場所が微妙な物件が多いのが特徴です。

よくあります。地方都市の1棟。

私は地方都市の1棟ほど危ない物件はないと思っています。

あわせて読みたい
地方で不動産投資をしてはいけない4つの理由~高利回りババ抜きゲーム~不動産投資のやり方に正解はありませんが、地方の不動産投資は、お勧めしません。 それでも圧倒的なキャッシュフロー率を誇り、半分が空室...

次に、神奈川、千葉、埼玉だけど駅が微妙で徒歩が遠い。

日本政策金融公庫や三井住友トラストと諸費用ローン(アプラス・アルヒなど)などの組み合わせで、むちゃくちゃな売り方をしています。

諸費用ローンを使って自己資金0です!

というような形です。

高金利諸費用ローンの組み合わせには注意せよ!

コミュニティーで横のつながりを作り、○○さんも買ったから大丈夫、と言う形で連鎖させます。

コミュニティーでは、無知を囲って、誤った知識を入れ込みます。

自分たちが最終的に販売したい物件を良く見せるための講義をします。

講義に時間をかけ、洗脳し、最終的には自分たちのところまたは提携している不動産業者の物件を買わせるのです。

また、買い方に順番がある、などと謳い、他で物件を買ってしまわないか、監視している人もいます。

何か他で提案されたら必ず報告するように!

とでも言われているのでしょう。

他社で提案された物件が、比較的良心的な物件であっても、必ずケチをつけて購入を断念させます。

自分たちのコミュニティーが提携している業者で買ってもらわないと、利益にならないからです。

なかなか悪質ですが、完全に組織化されており、所属している人は洗脳されています。

しかし、よく考えてみてください。

不動産を買うのは誰ですか?

融資を受けて、返済義務を負うのは誰ですか?

他でもない、あなた自身です。

人に何かを言われ、それで自分自身の選択が揺らぐようなレベルであれば、そもそも不動産投資などしないほうが良いでしょう

あわせて読みたい
【不動産投資】完璧な1棟物件は存在しない~自分の軸と妥協基準を明確にする~ ・都内 ・接道条件が良い ・物件までの道のりが良い ・駅から近い ・築浅 ・高利回り 結...

コミュニティーに所属している場合は、注意してください。

不動産投資は、需要のあるエリアはを選択することは大前提ですが、あとは価格と立地のバランスです。

物件の相場を周辺と比較する癖をつけましょう。

不動産は、種変相場と比べて、高いのか、安いのか、が重要です。

あわせて読みたい
不動産投資は価格と立地のバランスが重要~良い物件を選ぶたった一つの方法~不動産投資は、価格と立地のバランスが重要です。 値段が安いからいい! 値段が高いから危ない! ということは、な...

まとめ

初対面でいきなり2,000万の物件買いませんか?

といっても、買うはずありません。

衝動買いをするには、金額が大きすぎます。

そこで、デート商法やコミュニティーなどを使い、信頼関係を構築しようとしてきます。

長い時間をかけてでも、不動産を販売した時の利益が大変大きなものであるため、ペイします。

一度信頼させれば、あとはジャブジャブ限界まで買わせることができます。

特にコミュニティーなどは、組織化されていて大変厄介です。

それぞれに役割が存在しており、無知を信頼させて囲い込むための準備はできています。

良い不動産の情報は、変なコミュニティーや組織の中にあるものではありません。

良い情報にたどり着くのは、非常に難しいのです。

自分自身で軸を持ち、日ごろから勉強を怠らず、情報を取る努力をして、初めてまともな不動産業者に出会うチャンスが出てきます。

自分自身で知識を付けておけば、怪しい人または業者を排除できるためです。

何が良い情報なのか、自分自身で判断できるようになることが、不動産投資で成功する第一歩です。

物件情報