売却編

不動産業者が買主を「でっちあげて」までして媒介契約を締結したい理由

不動産を所有している人であれば、一度は業者から「あなたの物件を買いたい人がいます」という趣旨の営業を受けたことはないでしょうか。

手段は色々とあります。

DM、ポストに投函される手紙、電話、メールなど様々です。

共通しているのは、

あたなが持っている物件をまさに今買いたい人がいる

というニュアンスの話をしてくる、ということです。

結論からですが、買主はいません。

あなたの物件を欲しい、とされる買主は架空であり、不動産業者がでっちあげたウソの話なのです。

あわせて読みたい
「あなたの物件を買いたい人がいます!」は全てウソ!~チラシ・DM・メールの罠~ ・あなたの物件を「〇〇万円」で買いたい人がいます! ・この近所で「マンションを探している人がいます」 ・この近くで「...

 

そんなウソまでついて何がしたいんだろう・・・><

 

不動産を売るときもウソのオンパレード

不動産業界はウソで塗り固められています。

買わせるためのウソだけではなく、売ろうとする人にもウソが並びます。

ウソを一言でまとめると、

売主に、自分の物件が少し高く売れるかも

と思わせることです。

物件を売る気にさせて、媒介契約を取るのが目的なのです。

または所有している物件が他で決まらないように、自分のところのほうが高く売れると匂わせて引っ張る目的もあります。

あわせて読みたい
【不動産投資】一般媒介契約と専属専任媒介契約のメリットとデメリットとは?良く知っている不動産業者または信頼できる人からの紹介であれば、専任媒介でも良いでしょう。 しかし、初めて利用する付き合いの浅い不動...

契約を取るために、色々なウソを並べて売主をその気にさせるのです。

全ては何らかの形で手数料が取りたいためのウソなのです。

 

例えば持っている物件があるとします。

相場は3,000万でローン残債が2,500万円だとします。

そこに、不動産業者がやってきて、

あなたの物件を、今なら3,500万円で買いたい人がいます!

というわけです。

すると、売主は、3,500万円で売れるなら、ローンの残債が2,500万円だし、手残りが1,000万円あるとすると、いいね!

になわるわけです。

それで、売ってみようかな!というマインドになるという流れです。

不動産業者の狙いは、「売ってみようかな」というマインドにさせる、というものです。

ウソをついて売る気にさせるんだね

 

本当に買主がいるのであれば、以下の話をしてください。

・買主本人の署名捺印済みの買付申込書を送ってもらう

・売買契約の日にちを同時並行でセットするよう依頼する

・売買契約書のドラフト版を送ってほしいと話す

この3つの話が具体的かつ先延ばしにならずにできているのであれば、買主は実際に存在する可能性はあります。

この手の話抜きに、買い手が現れたような発言をする業者には十分注意してください。

不動産業者が媒介契約を締結したい理由

そもそもの話ですが、売り物件とは、レインズという業者のサイトを見れば、軽く数千件はあります。

にも関わらず、あえて売りにも出ていないあなたの物件を、買いたい買主に紹介する意味など全くありません。

本当に物件を探している買主がいるのであれば、今まさに売りに出ている物件を選択して紹介します。

媒介契約を締結する前から、あなたの物件を買いたい買主がいます、というのは、そもそも順序の違う変な話なのです。

物事の順序は大切だよね

 

こんなくだらないことをしてまで売主を売る気にさせて媒介契約を締結したい理由はどこにあるのでしょうか。

まず、媒介契約が締結できると、正式に売主の物件を売りに出してもいい権利を手にします。

運よくそのまま市場に出して成約すれば、売主から仲介手数料がもらえるので、不動産業者としてビジネスになります。

しかし、前述した通り、最初に架空の買主をでっちあげて迫ってきたときに提示していた価格は、相場より意図的に高いものであるので、その金額ではまず売れません。

あわせて読みたい
不動産売却の査定価格はウソだらけ!不動産業者の見分け方・選び方とは?不動産の売却査定価格は、一番低い査定価格を出した不動産業者が一番信用できるのです。 不動産の売却を検討する際、持っている不動産がど...

媒介契約を締結して買主に話をもっていたものの、何らかの理由で契約まで進まない、というストーリーになります。

なぜなら、最初から買主などいないので、契約できる人など存在しないからです 笑

これには本当に多くの人が騙されていると感じます。

 

さて、前述した通り、当初でっちあげた架空の買主は存在しないため、媒介契約を締結したものの、すぐには売れません。

・買主はもともといない

・相場より高い値段を提示

というためです。

そこで、不動産業者は何をするかというと、売る値段を少し下げないか、という交渉をしてきます。

ここでも架空の買主が登場することがあります。

相場3,000万円の物件を3,500万で買いたいとする最初の架空の買主は何らかの理由で撤退し、次に出てくる架空の買主は、3,200万円なら買いたいといっている、という話です。

このようにして徐々に相場付近に価格を下げさせることに成功すれば、実際本当に売れる可能性は出てきます。

一度売る気になった人は、どうせであれば売ってしまってもいい、という気持ちになる人も一定数いるため、このような要求を呑んで相場で物件を売る人がいます。

これが不動産業者の狙いです。

まとめ

すごく幼稚で手間のかかることをしてますが、このようなウソは今でも頻繁にあります。

ということは、一定数、最終的に妥協して物件を売る人がいる、ということなのかと思います。

1.媒介契約を締結

2.売り出し開始

3.買主が現れる

という当たり前の流れは覚えておいてください。

契約を締結してもいないのに、あなたの物件を買いたい人がいます、はありえない話なのです。

最初から、買いたい人がいる、という話をしてくる業者とは関わらない方が良さそうだね