株式投資

【保存版】店頭証券でIPO・POをもらう方法~取引の目安資産は?~

どのくらいの資産があれば、店頭証券で口座開設して相手にされるのでしょうか?

どのくらいの取引をすることにより、IPO・POの裁量配分がもらえるようになるのでしょうか?

IPO・POの抽選参加をしている人であれば、一度は興味を持ったことがあるかもしれません。

今回は、

・店頭証券で相手にされる資産

・店頭証券におけるお勧めの金融商品

・店頭証券でIPO・POをもらう方法(裁量配分)

について解説していきます。

IPO欲しいな~

 

店頭証券で取引をするメリット

店頭証券は、ネット証券に比べて全てのコストが高い!

ということは、インターネットが使える世代の人はほとんど知っていると思います。

単純な株式の売買でも、手数料は軽く数倍から数十倍違います。

投資信託なども購入手数料や信託報酬などが高い、証券会社に旨味のある商品が中心となっていますので、比較できる世代の人は、まず購入しません。

店頭証券顧客の多くは高齢者で、

・そもそもネット証券で口座開設などできない(下手したら存在を知らない)

・大手の店頭証券で販売されている商品コストが高いことを理解していない

というレベルが大半です。

要するに、ITリテラシーがない層です。

営業マンは、日々「本日のダウは・・・本日の日経平均は・・・」という、調べれば誰でもわかるような情報の報告をしたりもしています。

そのくらいのレベルの顧客が店頭証券には多いのです。

お客さんには高齢者が多いんだね

 

基本的にネット証券と比べて色々な商品の条件が悪い店頭証券ですが、であれば、取引するメリットなんてないじゃん!と思う人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

店頭証券で取引をするメリットは、

・IPO(新規公開株)

・PO(公募売出)

の2点です。

あわせて読みたい
【保存版】POは儲かる!~公募・売出で稼ぐ方法を徹底解説~結論からですが、PO(公募・売出)はかなり安全に利益が出せる極めて優れた金融商品です。 資金力に応じて出せる利益の総額は変わります...

これらの商品は、勝率が極めて高く、店頭証券側の裁量で配分が決まります(裁量配分といいます)。

多くの方に馴染みのある抽選ではなく、「この顧客にIPO株を割り当てよう!」ということができるのです。

IPOとPOをもらうだけで、年間300万~500万ほどは安全に利益が狙えます。

決して大きな金額ではありませんが、ほぼ勝てる投資商品で稼ぐ利益としては、合格点といえるのではないでしょうか。

ただし、IPOやPOのように、勝率の高い金融商品を欲しい人は多く、なかなか簡単には配分されません。

それでは、どの程度の資産があって、どの程度の取引ができれば、配分のチャンスがあるのでしょうか。

安全に出せる利益を得るために、どの程度コストを許容してリスクを取った投資行動ができるのかを考えることが重要です。

魅力的な商品をもらうために、相手に貢献する!というスタンスは、ビジネスにおいて当たり前で、非常に重要です。

IPO・POをもらうために、証券会社にも貢献しなきゃ!という気持ちが必要なのです。

ただし、IPOとPOで年間300万~500万で勝つために、多額の投資金額を使ってそれ以上損しては意味がありません。

バランスが重要です。

あわせて読みたい
【保存版】IPOに効率よく当選する方法~当選確率を上げるコツとは?~当たりにくいとされるIPOですが、決してそんなことはありません。 「ある程度のところ(※)」までくれば、年間20銘柄は当選可能です...

店頭証券で必要な資産

店頭証券で取引している人は、基本的にお金持ちと思って間違いありません。

IPOの配分をもらうために預ける金額は、ズバリ

2,000万円

ほどが良いでしょう。

1つの証券会社に取引で使える資金を2,000万円入れるということは、純資産でいうと、1億円ほどは持っている人になるのではないでしょうか。

最低でも5,000万ほど。

やっぱり結構多いんだね~

 

これが店頭のベースになると思います。

私は都心の支店になるので、このくらいの感覚ですが、地方だと異なるかもしれません。

間違えても数百万程度の資産でIPOの配分をもらおうなどと考えない方が良いでしょう(公募割れ濃厚のダメIPOはもらえると思います)。

営業担当は数億、数十億の資産がある人は見慣れているので、最低でも2,000万くらいは、今後取引で使ってもいいかな、と思える資金があることを前提にしておくと良いでしょう。

数千万程度持っていて、「私はお金を持っている!」などと世間知らずな勘違いをしていると、ハッキリいって嫌われます。

日本にはお金持ちが沢山います。

証券の営業マンは、その手の人たちを沢山見てきていますので、念頭においておくと良いでしょう。

口座開設だけして、ろくに取引もせず、ろくに資産もなければ、優良IPOの配分はまずありません。

POも不人気のものくらいしか配分はないでしょう。

2,000万ほどを預けて、自分なりに納得する商品を買ったり売ったりしていくと、中長期的にIPOやPOの配分につながるでしょう。

店頭証券でIPO・POをもらう方法(裁量配分)

資金を預けているだけでは、証券会社に貢献していないので、IPOやPOの配分はありません。

商品の購入や売却を繰り返し行っていく必要があります。

但し、コスト効率の悪い、証券会社が儲かる商品は多く存在しており、これらを中心に取引すると、投資家が損する可能性が高いので注意が必要です。

IPOやPOで得られる利益以上に損をしていては意味がありません。

証券会社が儲かる代表的な商品は、

「コストの高い投資信託」

です。

投信は多くの方に馴染みがあるので、商品の仕組みが理解できていない金融リテラシーの低い層には売りやすいものです。

多くは、

・購入手数料がある

・信託報酬が高い

というものです。

毎月分配型など、魅力的に聞こえる投信は、典型的なダメ投信です(高コスト)。

但し、IPOやPOをもらうために、あえてコストの高いものを購入する、という発想も必要です。

高コスト投資信託などは、営業マン的には買ってくれると嬉しいものになるでしょう。

また、不人気のIPOをもらうのも大切になります。

不人気のIPOは、売るのが大変です。

代表的なのが、本数の多い大型銘柄です。

本数が多く、公募割れの可能性も高いということで、積極的には欲しくありません。

そのような売りにくいIPOを少しもらう、という姿勢も中長期的には大切でしょう。

このように、「自分ばかり得したい」という考え方では上手く付き合えないでしょう。

これはビジネスでも同じです。

相手が望むことをする、という姿勢は大切です。

自分自分!という人は何をやっても長期的には上手くいかないよね

 

店頭証券でお勧めの金融商品

店頭証券は、前述の通り、なかなかコストの低いものがありません。

目的はIPOとPOなので、リスクの低い商品で攻めたいところです。

中でも、お勧めできる商品は、

1.米国債(ゼロクーポン)

2.仕組債(指数)

3.不動産セキュリティートークン(ST)

4.投資信託(ノーロード)

です。

詳しい商品説明はしませんが、ザックリとした概要は次の通りです。

 

【1.米国債】

アメリカの債券です。

ゼロクーポン債を選択するといいでしょう。

3年ほどから10年以上の長期まで、期間別にラインナップがあります。

個人的には、回転させるっために3年から5年前後の満期を選択しています。

2022年現在での利回りは3%前後が多く、悪くありません。

ドルベースで行うので、為替リスクがあることは念頭に置いておく必要はあります。

3年物を年に数回購入。

それを回転させていくと、3年後には初期で投資したものが償還されるので、それを再投資。

これらを繰り返していけば、リスク少なく商品購入を複数回できるので、実績になっていくでしょう。

 

【2.仕組債】

債券の一種ですが、仕組みは複雑で、暴落時には元本割れのリスクがあります。

ず指数(日経平均、ダウ、NASDAQ、S&P500など)参照の商品を選択しましょう。

個別銘柄を参照するのは、利回りは高いですが、リスクも極めて高くなるのでお勧めしません。

基準となる価格から定められた比率下落すると、ノックインといって元本が棄損するリスクがあります。

ノックイン水準は基準となる価格の60%に設定しておくとよいでしょう(70%や80%もありますがお勧めできません)。

最も低い金額で、300万円ほどから運用可能です。

利息は、だいたい2%台~7%台です。

3,000万以上投入できる場合は、私募債となり、利息も上記より上がります。

株価が過熱していて高値圏にいるときは、控えることをお勧めします。

暴落時期またはかなり下落してきたと思われるタイミングで行うのが良いでしょう。

資金拘束期間は早期償還などもあり、可変です。

早いと数か月、長くても3年くらいの商品となります。

 

【3.不動産セキュリティートークン】

巷で流行っている小口化不動産と仕組みはほぼ同じです。

特定の物件を買い付けるための資金を集め、配当を年間3~5%ほど吐き出すという流れです。

証券会社が販売元になるので、特定の不動産業者がクラウドファンディングなどで集めて運用しているものに比べれば、リスクは低くなります。

最小単位が100万円からと、店頭証券では非常に小さな資金で投資が可能です。

但し、金融資産は5,000万以上からなどの縛りもあったりするので、営業マンに確認しておくと良いでしょう。

2倍前後はレバレッジをかけて運用しているものが多く、よほどのことがない限り、最終的な損はでないと考えます。

資金拘束期間は7年前後と長めです。

可変ですが、ある程度の期間資金が動かせなくなることを前提にしておくべきです。

 

【4.投資信託(ノーロード)】

最近では、ノーロードの投信も店頭組が買えるようになってきました。

積立のみなどの制約はあったりしますが、お付き合いモノとしてノーロードの投信を積み立てておくのはアリです。

投信に関しては、多くの方が認識しているとおり、流動性は高く、売りたいときに売れます。

購入手数料が高い

信託報酬が高い

という手の投信を買っていると損する可能性が上がるので、お勧めしません。

ノーロードで信託報酬が低めの投信に絞って積み立てると良いでしょう。

 

 

上記で挙げた商品は、リスクが低く、リターンとなる利率も悪くはありません。

これらで取引をし、IPOとPOの配分を得ることができれば、理想的な展開となります。

資産を増やして運用できるようになると、トータルで得られる利益が年間500万に到達するのも、難しくはありません。

お付き合い商品 + IPO + PO = 500万/年間

資金力のある人であれば、利益の金額もあげられますし、ポートフォリオの一つとして店頭証券との付き合いを考えてみてはいかがでしょうか。

付き合いでリスクの高い商品を買って損をしていると、IPOやPOの配分があってもトータルで損になる可能性もあり、それでは意味がありません。

また、IPOやPOは、年間もらえる金額や銘柄数に限りがある場合が多く、付き合い商品を買いすぎるのも良くありません。

このあたりは自分自身で探りながら付き合っていくと良いでしょう。

まとめ

私自身は、株式投資に不信感しかなく、独立してから全く触ってきませんでした。

ハイボラで損するだけ。

そんな思いしかありませんでした。

ちょっとしたきっかけでIPOを知り、POを知り、店頭を開拓し・・・

突き進む中で、実は店頭証券との取引にメリットがあることを理解することができました。

店頭証券は、やはりある程度資産といえるものがないと、話にならない点で、そこが満たせない場合は、まずは資産をしっかり作るところから始めるべきでしょう。

但し、ひとたび店頭に到達し、ある程度IPO、POがもらえるレベルまでくると年間数百万の利益は軽く出せるようになります。

超低リスクで達成できるので、上手く開拓すると良いでしょう。

 

私自身でも、年間20銘柄ほどのIPOを獲得できています。

POに関しても年間30銘柄近く、金額でいうと1億円くらいの配分を得ています(時期にもよる)。

今では私の安定した収入源の一つになっています。

営業マンの言いなりになって色々な商品を購入して損をするのは本末転倒です。

自分自身で継続的な勉強は必要です。

店頭証券で長期的な取引ができるようになってくると、生涯で考えると相当な利益を得られると思います。