IPO・PO

《PO》堺化学工業 (4078)は買い?~事前評価・分析~

堺化学工業 (4078)が公募・売出し(PO)を発表しました。

当銘柄は買いでしょうか?

公募・売出し日程など

売出価格等決定日 10月20日(水)~10月25日(月)
受渡日 10月27日(水)~11月1日(月)
貸借/信用 貸借銘柄
権利落ち 3月
希薄化 約0%
主幹事 SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受人 なし

 

調達金額は約45億円で小型のPOとなります。

三菱マテリアルや紀陽銀行などが売り出しを行うため、新規発行ではありません。

株価予想・事前評価・分析

PO発表後に大きく株価は下がっています。

受渡日の翌営業日から2022年3月31日までに、発行済み株式数の5.33%(15億円が上限)を取得する自社株買いの発表も行っています。

新規発行株数はなく、売り出し株数の約1/3を自社で買うと発表している割には、株価は大きく下がっている印象です。

PO参加者にとっては良い話です。

投資スタンス・参加について

超強気

ポイントは次の通りです。

・貸借銘柄

・PO発表後の株価がしっかりと下落している

・自社株買いを発表している

・希薄化0%

貸借銘柄でかつ売り禁になっていないため、問答無用の参加です。

しかし、残念ながら資金のタイミングが超大型POである日本郵政とかぶっています。

また、規模も約45億円と小さいため、大きな配分は見込めないでしょう。

私は現実的な配分として500株の申告をしました。

配分なしの可能性も十分に考えられます。

当選・配分株数

配分前

 

■■■■■■■■

POで手堅く利益を出す方法を解説します!

↓ ↓ ↓ ↓

参加すべき銘柄の選別方法と取引の流れとは?

 

IPOで年間20銘柄当選する方法を解説します!

↓ ↓ ↓ ↓

IPO当選に重要な3つのポイントとは?

■■■■■■■■